Hands giving a medicine to ill patient

症状の内容について

the blue tablets

代表的に挙げられるヘルペスの症状にはどんなものがあるのか?まだ一度もヘルペスになったことない人も是非その症状を学んでおき、今後同じ轍を踏まないようにしてほしいと思います。

Read more

主な特徴とは?

a drugs vial

ヘルペスという、人との接触によって感染する病気があります。皮膚や粘膜に感染して、唇や性器の周辺に水ぶくれができます。ヘルペスウイルスは、皮膚の粘膜や小さな傷から身体の中に入ってきます。感染経路は様々で、患部に触った手で相手に触れたり、キスしたり、オーラルセックスなどを行った場合の他に、ウイルスのついたタオルやコップなどからも感染します。免疫力が低下したり体調不良に陥った時に発症・再発しやすくなります。感染するとウイルスが体内に潜伏して、症状が全く出ない人もいれば数年経ってから発症する人もいます。ですから自覚症状がなくても知らず知らずの内にウイルスが出ていて自分が感染経路になり、他人に感染させてしまう場合があります。自分で感染経路に気を付けていても、感染・発症してしまうのです。日本全国どこの地域に住んでいても発症し得る病気です。

ヘルペスは、日本では成人の感染率が50%〜ほぼ100%と言われています。誰でも発症する可能性があり、いったん治っても再発する可能性の高い病気です。ヘルペスを予防するには、感染経路をできるだけ減らすように努めます。もしも家族や周囲の人に症状が出ている場合は、治るまで極力接触しないようにしましょう。また、感染者の使用したタオル類はよく洗濯した後しっかり乾かす事がポイントです。日ごろからストレスや疲れを溜めない、寝不足に注意する、身体を温めるようにする等も大切です。アミノ酸の一種であるアルギニンは、ヘルペスウイルスの栄養分となるので摂取を控えた方が良いです。アルギニンはカフェイン・チョコレート・ナッツ類や人工甘味料・マーガリン等に多く含まれます。逆にリジンという物質を多く摂るようにします。リジンはチーズ・鶏肉・牛肉・卵・野菜類に多く含まれます。

種類について学ぼう

the blister packs

実はヘルペスと一言で言っても、さまざまな種類があるのをご存知ですか?しっかりヘルペスの種類を理解しておくことで、今後も対策しやすくなるので必ず勉強しておくべきでしょう。

Read more

診断してみよう

the medicines

現在世の中にはどれくらいヘルペスに感染した人がいるのか知ってますか?今回はそんな情報に加えて、ウイルスがいるかどうかの診断についてもがっつり話していきたいと思います。

Read more