Hands giving a medicine to ill patient

症状の内容について

the blue tablets

ヘルペスとはウイルスによる感染症の一種で、水疱瘡や帯状疱疹といった疾患の原因にもなるヘルペスウイルスによって発症します。このウイルスに感染すると感染した部分の違い等によって様々な病名となりますが、性器に感染するパターンも非常に多いです。性器に感染した場合には性病の一種として扱われるのですが、複数ある性病の中でも完治が難しい性病としても知られています。性器ヘルペスの患者数はしばらくの間減少傾向となっていましたが、ここ数年は患者数が横ばい状態になっています。男女別での患者数を見るとどの年代であっても、女性患者の方が男性患者よりも多いとされています。性病は男性が発症しやすいと思っている人も多いですが、種類によっては必ずしもそうだとは言えないです。

性器ヘルペスを発症した場合に現れる症状とについては、性器に水ぶくれが出来るというのが代表的な症状として挙げられます。それ以外にも性器付近に痛みを感じたり、発熱や倦怠感等といった全身症状が現れたりする事もあります。ヘルペスの治療方法に関しては薬物療法を行うのが基本で、ウイルスへの効果が期待出来る抗ウイルス薬等が処方されます。この時の薬はバラシクロビル塩酸塩を有効成分とする薬が処方される事が多く、通常は経口服用タイプが用いられます。症状が重く自分で服用するのが困難な場合等は、点滴で投与というスタイルを取る事もあります。ちなみに治療でかかる費用については人によって多少異なりますが、1回の受診で数千円程度かかる場合が多いです。前述したようにヘルペスは完治が難しい疾患なので、治療費もそれなりに必要となる場合が少なくないと言えます。