Hands giving a medicine to ill patient

診断してみよう

the medicines

ヘルペスを発症することがあります。病院を受診すると言うことがありますが、このときにはいくつかの注意点があります。ヘルペスで病院を受診するときに、何科を受診すればいいのかわからないという人も少なくありません。初診に関しては皮膚科を受診するようにします。しかし性器ヘルペスの場合は女性の場合産婦人科を受診するという方法もあります。病変部の皮膚や粘膜や分泌物を採取し、ウイルスがいるかどうかが調べられるようになっています。血液検査を行ってウイルスの抗体を調べるという方法もあります。一度感染するとしっかりと退治することができません。したがって薬を使ってウイルスの増殖を抑えたり症状を和らげるという治療方法が行われています。

ヘルペスは非常に有名な病気となっていますが、患者数が気になります。その中で性器ヘルペスという病気がありますが、1年あたりで7万2000人いると考えられています。性別に関係なく20代を中心に発症する人が多くなっています。しかし50代や60代の患者も多くなっています。これがほかの感染症とは違う特徴があります。自覚症状がないまま性行為を行うことで新たに感染を広げてしまうことがあるので、今後も患者の数が減ると言うことはないと考えられています。ヘルペスに感染しやすい時期というものがあります。性行為の経験がある人であれば誰でも感染の可能性がありますが、感染の可能性が高くなるのはパートナーを変えたときとなります。